体調不良

マグネシウムも豊富なゴマ

ゴマといえばセサミンがあまりにも有名なため、他の成分に関しては印象が薄くなりがちです。
しかし、ゴマはあの小さな粒の中に実にバランス良く栄養を携えているのです。
良質な油分やタンパク質、鉄分やカルシウムといったミネラル分など、栄養満点です。
その中でも注目したいのが、ミネラル分です。

カルシウムや鉄分はもちろん、他の食品で摂取することが難しいマグネシウムまでも、ゴマには含まれているのです。
マグネシウムは、主に海藻や植物の種子に含まれている成分で、身体のあらゆる器官を円滑に動かすための潤滑油のような働きをしてくれています。
マグネシウムは、その他のミネラルと比べても1日の必要量が約300ミリグラムと多く、現代人の間で不足しがちな栄養素でもあります。
特に現代では、食品を精製加工する過程で、こうしたミネラル分が奪われてしまう傾向にあります。

マグネシウムが足りなくなると、身体が疲れやすくなったり、だるさが改善されなかったりと、何となくの不調が続くようになってしまいます。
筋肉や神経の調整、骨の形成にも影響を及ぼし、また動脈硬化の予防にも重要な働きをすると言われています。
セサミンだけでなくマグネシウムも豊富なゴマは、これらの希少な栄養素を摂取することの出来る、貴重な食品と言えるでしょう。
また、マグネシウムを始めとしたミネラル分は、お互いに助け合ってそれぞれの効能を高め合う性質も持っています。

特にマグネシウムはカルシウムと密接な関係を保ち、お互いに関わることで骨を強くしたり、筋肉の収縮を円滑に行うよう働いているのです。
成長期の子供はもちろんですが、特に骨粗しょう症などの危険が高まる大人の方にこそ、注意して摂取してもらいたい栄養素でもあります。
セサミンもアンチエイジングや老化防止など、大人になってから気になる効果が期待出来る成分です。
ゴマでセサミンとマグネシウムを同時に取り入れ、疲れ知らずの若々しい身体を目指しましょう。